ららら整体♪

〒143-0015 大田区大森西5-30-1 ウエストスクエア大森402
電話:03-6423-1212
休院日:木曜日・日曜日・祝日(研修による不定休)

大田区大森町院電話

大田区大森町院 予約日時
 

予約方法

予約をご希望の場合は、電話にて必ず「ららら整体♪ の予約をとりたいです」とおっしゃってください。

>> 当日の服装、用意して頂くもの

 

施術料金

 初診料  2000円+税
 施術料  5000円+税

※初回は「初診料」と「施術料」がかかります。2回目以降は「施術料」がかかります。

 

担当施術家紹介

阿部 有(あべ ゆう)
abe

 

<生い立ち>

はじめまして。ららら整体♪ の阿部と申します。出身地は福島県会津若松市です。

 

気がついたら習い事は3才からたくさんしていました。バレエに習字(5段です)、ピアノ…。小学校の頃は、合奏部(クラリネット)とスキー部に在籍し、中学校では卓球部でした。高校時代はお琴とテニスを習い、高校卒業後東京へ来ました。

 

今思えば、学生時代は自分に合う趣味やスポーツを、色々模索していた時期だったのかなと思います。

 

予備校生活(2浪)を経て、北里大学へ入学。バトミントンをほんの少しやっていました。

 

大学に受かった後は、燃え尽き症候群のように目標を見失って、無気力になってしまった私。せっかく入った大学も辞めてしまい、両親には心理面でも経済面でも散々迷惑をかけました。私に対して、怒りもせず、許してくれた寛大な両親にとても感謝をしています。

 

アルバイトをしながら、OAの専門学校へ通い、プログラマーとして就職。当時はスキーに夢中で夏は体力作りをし、ワクワクしながら冬を待つ生活でした。冬(12~4月)の土日は、ほぼ朝から晩までスキー場にいました。

 

プライベートの充実とは裏腹に、プログラマーの仕事は残業、残業…の日々。終電で帰宅し、ただ寝に帰るだけの時期もありました。正直疲れていました。心も乾いていました。

 

26歳の時、結婚を機に退職。体力面、精神面とキツイ仕事から解放されて、休みが出来て、非常にうれしかったのを覚えています。

 

長女、次女を出産。生後、血液検査の結果、次女はダウン症でした。

 

ショックと絶望感で、目の前が真っ暗になりました。チアノーゼだったので、生後すぐ病院のガラスケースの中へ。

 

まだ目も見えていないのに、次女は私の手をきつくぎゅーっと握ってきました。ハッとしました。「ああ、そうだ!この子が頼りに出来るのは母親である私じゃないか。しっかりしなきゃ。」頭では分かっていました。でももう一方では「これは悪い夢なんじゃないのか。」何度も思いました。

 

2年間ほぼ毎日泣いていました。現実を認められなかったのです。

 

『受容すること』が私自身出来なかったのです。しかし時が経ち、涙も枯れてきた頃、徐々に『受容すること』が出来てきたのです。もう今ではかわいい自慢の娘です。その当時はそう思えなかったですけどね…。

 

100%邪念のない笑顔(ホント癒されます…。)、3歳で歩き始めた時の喜び。歩く!ってなんて素晴らしいことだろう! 4歳でオムツがとれた驚きと喜び…。トイレで普通に排泄が出来る~!小学4年生頃から話が出来るようになって…。

 

コミュニケーションの重要性。「ありがとう」「ごめんなさい」が言える素晴らしさ。人生にとって一番大事なことは何なのか?を常に教えてくれる存在です。

 

次女がダウン症だったのをきっかけに、「この子に何か役に立つことがあるかな?」と畑違いの介護業界へ進みました。次女が2歳の時でした。ホームヘルパー3、2、1級、ガイドヘルパー、介護福祉士、ケアマネージャー資格を取得。10年間、障害者への介護の仕事に従事しました。

 

<施術家を志したきっかけ>

たまたまTVで世界卓球を連日放送していました。愛ちゃんや日本人選手の活躍に触発され、20数年ぶりに卓球をやり始めました。

 

楽しくて楽しくて楽しくて…。練習する時は週に6、7回、まるで学生の部活のようでした。その趣味の卓球でスマッシュを思い切り打って、足の裏がビリビリッ。衝撃が全身を襲いました。

 

診断名は、「足底筋膜炎(そくていきんまくえん)」でした。整形外科2ヶ所、電気+超音波+マッサージをやってくれる整骨院3ヶ所に通うも、なかなか治らず途方に暮れていました。 治らないばかりか痛みは増すばかり。

 

実は、私は足を安静にするどころか、卓球練習もし、しかもたくさん歩いて逆に酷使していたのです。ケガした直後より3~4ヵ月後の方が確実に悪化していたのです。足は悲鳴をあげていました。ズキンズキン、24時間激痛でした。

 

「もうやめて~!」体からのSOSのサインだったのです。「もういやだ!完治がしたい!」自分でも色々症状について勉強しました。

 

治してくれそうな場所を探し 『FMT整体』をたまたまネットで見つけました。そこで、湿布や痛み止めの薬は、その場しのぎに過ぎず、対症療法だと知ったのです。

 

H24、3、20初診。わらをもすがる思いでした。施術を受け、な、なんだ!!この感覚は‥。と衝撃を受けました。

 

体が軽くなり、手応えを感じました。ここならきっと治る!そう実感しました。FMTでいい!!と言っている自分で出来ることは100%に近いくらい実行しました。

 

重症レベルの私の足。ケガをして→悪化して→完治までの道のりは正直長かったです。2年以上の月日を要しました。少し良くなってまたガクンと落ちて…。また良くなってガクンと落ちて…。のアップダウンの波を繰り返して…徐々によくなっていきました。

 

「この技術を学びたい!」久々に熱い思いが込み上げてきました。

 

施術家養成学院へ入り、施術方法を学びました。患者側の痛みの感覚と、施術家側の施術をする感覚を同時に体験出来た事は、今後の施術家人生にとって非常にプラスだったと、今は感じています。

 

患った期間が長いほど、痛みのレベルが大きい程、乗り越えた時の感動は大きいと思います。ケガをして、なかなか治らなかったからこそ、『FMT整体』に出会えました。

 

何かが起こったら「チェッ」と思うのではなく、正面から向き合う事。そして何かを学び取る事。それが大事なのかな‥。なんて思います。時間は多少かかるかもしれないけれど…。痛かった。24時間ホントに痛かった。何度も何度も泣きました。それを乗り越えて治りました。

 

患者さんが求めるもの→それは「治りたい!誰でもいいから治して。」と言う切実な思いではないかと思うのです。そういう私も何度もこのまま治らないんじゃないか…と不安になりました。「他の人は治るのに、私はなんで治らないのだろう。」と。でも大丈夫!信じよう!絶対治る!その思いでよくなりました。

 

最初は自分の足を治したかった。今は、痛みのわかる施術家として、逆の立場から患者さんと真剣に向き合っていきたい。そう素直に思っています。

 

私の経験を生かし、痛みをかかえた患者さんの声に耳を傾け、原因を探り、痛みが取れる努力をしていきます。快方へと導くお手伝いが少しでも出来るのならば、最高に幸せです。

 

 

ららら整体♪ へのアクセス

ららら整体♪ までの道のり

 

※ 大森町駅下車 徒歩1分

大きい地図で見る

ららら整体♪

〒143-0015 大田区大森西5-30-1 ウエストスクエア大森402
電話:03-6423-1212
休院日:木曜日・日曜日・祝日(研修による不定休)

大田区大森町院電話

大田区大森町院 予約日時