6期生のときと全然違いますね!

 

「6期生のときと全然違いますね!」

と驚かれていました。

もちろんいい意味で、です。

2013年に行なわれたセラピスト養成学院、
7期生の合宿に、6期生の方が、
参加されていました。

終わったあとに冒頭のセリフです。

6期生のときと比べて、講義内容や、
練習方法、活用するツールなどが、
全く変わってしまったのです。

具体的なことは、
ここでは書きませんが、
本当に一変してしまったのです。

一例を出すと、

教科書が変わりました。

学院生同士、講師とのやりとりも、
メールを一切使わないで、
コミュニケーションをとります。

6期生では一度もやらなかった、
練習方法を導入しました。

「ものすごく勉強になりました。
今日来て、本当に良かったです!」

FMT整体セラピスト養成学院では、
より良いものが見つかったら、
即導入、活用します。

毎回の講義後に、講師陣が集まり、
内容を改善していきます。

なので、基本となる部分は
共通しているのですが、

期が進むごとに、
どんどん進化していきます。

過去の期の生徒さんが、
久しぶりに合宿に参加すると、
本当にビックリされるのですね(笑)

ですから、未だに1期生の先生が、
後輩に混じって「合宿に参加したい」
とおっしゃるくらいです。

またそのような環境に身を置いているので、
FMT整体の施術家、スタッフは、
急な変化に強いです。

実は講師陣も勉強になっています。

今回、合宿後も講師同士が、

「いやー、今回は勉強になった。
これはやって良かった」

と何度も言い合っていましたから。

教える側が毎回勉強になるなと
心から思えるような講義内容にしようと、
チャレンジをつづけています。

ホームページを見ていただくと、
分かると思うのですが、
講義内容が曖昧になっています。

表記が分かりづらいだろうと
私たちも思っています。

けれど、実際のところ、
私たち自身も今期がどうなるか、
予想がつかないのです。

その場の雰囲気、

学院生の習熟度に合わせて、

最も良い講義内容にするために、
アドリブもたくさんあります。

決められた講義内容を、
きちっとこなしていく。

それも大切なことだと思います。

でも、私たちは施術家として、
常に変化し、成長し、チャレンジし、
人間性を向上させていきたいのです。

それを楽しんでやっていきたいのです。

なぜなら患者さんは1人として、
同じケースではないのですから。

全く違う問題を抱えてこられて、
それに対応を迫られるのですから。

どんな変化にも柔軟に対応できる、

常に柔軟で、独創的な発想ができる、

そんな人間力を身につけてください。

FMT 整体
中村宇博