なぜ整体師になりたいのか?

 

なぜあなたは整体師になりたいと思うのか?

その理由をよく考えた方がいい。

生活のため。

安定した収入。

ふざけるなといいたい。

自分の生活のために、
整体師になりたいと思うなら、
きっと自分の生き方に、
真の誇りを持つことはできない。

患者さんの立場になってみてほしい。

患者さんがその痛みや悩みを、
どうにか解決したいと苦しんで、
切実な思いをしている。

その苦しみを利用して、
金儲けをしているわけだ。

なんてダサい生き方だろう。

まるで人の弱みに付け込む新興宗教だ。

整体師になりたいのなら、
その理由は1つであってほしい。

身近の誰かを救うため。

まだ見ぬ誰かの力になるため。

そんな純粋な想いをもって、
整体師を目指してほしい。

キレイ事と思うかもしれない。

事実、私自身が患者さんから、
施術の代金をいただいていて、
それが生活の糧になっているので、

そんなことは本来なら
無償で整体師の活動を行わないと
言えないことかもしれない。

でも、たとえ理想論でも、
その理想を胸に抱いて、
この仕事を選んでほしい。

そんな純粋さを心に持つとき、
整体師という生き方に
誇りをもつことができる。

心にやましさがあると、
自分の人生に自信が持てなくなる。

言葉に力がなくなる。

影響力がなくなる。

自分自身にも、患者さんにも、
縛られずに自由であるためには、
この誇りを忘れてはいけない。

あなたには自由であってほしい。

結果、生活の糧でもいい。

確かにサラリーマンよりも、
収入は上がるだろう。

でも、その原点は、行動の起こりは、
「誰かの力になりたい」という、
純粋さを持っていてほしいのだ。

お金は後から付いてくる。

ダサい生き方はするな。

自分に誇れる生き方をしよう。

FMT 整体
中村宇博